春の花

未成年の喫煙、本人に罰が無いのはおかしい




未成年が喫煙をしてはいけないということは誰でも知っていることです。これは国で定められた法律なので、国民なら守らなければならないことです。
ですが、当たり前のように未成年でもタバコを吸っているのが現状なんですね。
皆さんが高校時代だった時も、何人かは吸っていた人がいたのでは無いでしょうか?


そして、未成年がタバコを吸った場合、その処罰の対象が本人ではなく、その周りの大人に降りかかってくるのを知っているだろうか?
まず処罰の対象になるのが、「親」です。

あまり耳にするケースが無いかもしれないが、実際には親が書類送検されるということが結構起こっています。
その場合、家でタバコを吸うのは黙認していたみたいなケースが多いみたいです。

ちなみに、未成年の子供が喫煙をした場合、親に課せられる罰則は、「科料一万円未満の罰金」になります。



次に、罰則の対象になるのが、タバコを売った販売者になります。

簡単に言えば、コンビニの店員とかです。その場合の罰則なんですが、「販売罪として科料50万円以下の罰金」が課せられます。


売ったものは親よりも重い罰則が待っているんですね。


しかも、罪に問われるのは「売った店」ではなく「売った者」なので、アルバイトなどもとにかく注意しなくてはいけません。

ただ、どうしても未成年とわからないケースなどは、罪には問われないみたいです。


そして、タバコを買った本人(未成年)はと言うと、何もおとがめなし!

私としてはこれはとにかくおかしいなと思ってしまう。



未成年と知っていて、自分で買おうとしてるのだから、悪いのはその本人だと思うんですが・・。
ただ、日本の法律では未成年者に対する罰則は無いのが事実。

「未成年を保護」するために制定されたものだからだそうです。




何か、腑に落ちない気持ちになってしまうのは私だけでしょうか?


とにかく、絶対に未成年にタバコを吸わせてはいけないってことなんですね。






















トップページ

ヘビースモーカーだった私が禁煙して実感した効果

タバコをやめたいって思うこと

禁煙する方法はこれ。ズルズルいっちゃうあなたは必見。

今1番効果的な「禁煙グッズ」は電子タバコ

禁煙をしての体調における効果

私が実践して成功できた禁煙方法

女性目線での禁煙方法!出産を期に禁煙!

私が体験して感じた禁煙の効果のあれこれ

タバコをやめたいと思う今日この頃

・タバコをやめたいと考える貴方が本気で取り組むべきこと

・タバコをやめたのは子供のためです

・禁煙に成功した方法をご紹介します。

・私はコレで禁煙できました!

・禁煙するための3つのポイント

・やめたいって思ってもやめられないタバコの恐ろしさ

・Aさんの禁煙体験記!私は電子タバコで禁煙しました!

・先輩の一言で禁煙できた話。禁煙外来ってすごいんだ!

・15年吸い続けてきたタバコを禁煙できた成功談!

・禁煙方法!私はコレでタバコを辞めました♪

・煙草嫌いな友人が多いので禁煙した方法

・じーじが孫のために選んだ禁煙グッズとは一体?

・喫煙はどれほど体に害があるの?今から出来る禁煙方法とは?

・同僚から教えてもらった電子タバコが意外に効果的

・こんな私でも辞めれるかも!?電子タバコ効果は抜群!

・話題のアイコスを使った禁煙方法

・鉄の意志を持たずに禁煙する方法

・禁煙にチャレンジしたくなる効果とは?