春の花

タバコを吸える年齢は世界様々


日本の法律では喫煙は20歳以上とされています。
ちなみに喫煙が20歳からという年齢は知っていても、この規定を破った場合、罰金があることはあまり知られていません。
罰金は吸った本人ではなく、20歳未満だとわかってて販売した者に課せられます。その金額は50万円以下の罰金・・・。決して安い金額ではありません。
あまり知られてはいませんが、タバコ等を販売する立場の人は気を付けた方がいいですね。

ちょっと話はそれましたが、タバコを喫煙できる年齢は、実は世界で様々なんです。

日本と違って20歳以上ではない国を紹介してみます。





(アメリカ)

以前は18歳以上が条件だったのですが、今は21歳以上に引き上げられています。日本よりも厳しい印象で、タバコ1箱の最低価格も1,050円とかなり高額になっています。


(ドイツ)

ビールとタバコの国みたいな印象があります。やはり喫煙には少々緩いのか、喫煙は16歳からOKということになっています。
さらに法律では「16才未満の子供は公の場所において喫煙は許されないとする」ということなので、家では16歳未満でもOKなの?と思ってしまいます。


(スペイン)

こちらの国もドイツと同様、16歳以上であれば喫煙は可能です。ただ、場所や地域によっては未成年者は禁止されているところも存在するとのこと。


(韓国)

韓国は自販機などに規制はありますが、喫煙できる年齢は19歳以上となっています。



その他にも色々な国々を調べてみましたが、1番多かった年齢は18歳以上でした。そして、調べた範囲での1番低い年齢はボスニアやスロベニアの15歳以上でした。ただ、中国など不明な国もありますので、最低年齢は実際のところわかりません。

15歳って言ったら、日本では中学生です。
日本人としては、かなりカルチャーショックを受けてしまいますが、各国で大人の年齢の基準が明らかに違うからなんでしょう。


日本でも、20歳未満で吸ってる人は実際のところ沢山います。
やはり色々なことを考慮して設定した年齢なのでしょうから、吸いたいのなら20歳になってから吸いましょう。
















トップページ

ヘビースモーカーだった私が禁煙して実感した効果

タバコをやめたいって思うこと

禁煙する方法はこれ。ズルズルいっちゃうあなたは必見。

今1番効果的な「禁煙グッズ」は電子タバコ

禁煙をしての体調における効果

私が実践して成功できた禁煙方法

女性目線での禁煙方法!出産を期に禁煙!

私が体験して感じた禁煙の効果のあれこれ

タバコをやめたいと思う今日この頃

・タバコをやめたいと考える貴方が本気で取り組むべきこと

・タバコをやめたのは子供のためです

・禁煙に成功した方法をご紹介します。

・私はコレで禁煙できました!

・禁煙するための3つのポイント

・やめたいって思ってもやめられないタバコの恐ろしさ

・Aさんの禁煙体験記!私は電子タバコで禁煙しました!

・先輩の一言で禁煙できた話。禁煙外来ってすごいんだ!

・15年吸い続けてきたタバコを禁煙できた成功談!

・禁煙方法!私はコレでタバコを辞めました♪

・煙草嫌いな友人が多いので禁煙した方法

・じーじが孫のために選んだ禁煙グッズとは一体?

・喫煙はどれほど体に害があるの?今から出来る禁煙方法とは?

・同僚から教えてもらった電子タバコが意外に効果的

・こんな私でも辞めれるかも!?電子タバコ効果は抜群!

・話題のアイコスを使った禁煙方法

・鉄の意志を持たずに禁煙する方法

・禁煙にチャレンジしたくなる効果とは?